カードローンの申し込みでブラックとしてはねられないためには

カードローンやクレジットカードの申し込みから返済まですべての情報について、その一つ一つを保管管理し、必要があれば情報を提供しているのが信用情報機関と呼ばれる機関です。たとえば返済を度々延滞した、あるいは完済できなかった、などの情報はいわゆるブラックとして登録され、カードローンの申し込みを行っても審査に通らないという事態が発生してしまいます。このような事態に陥らないためには、どのようにしたらよいのでしょうか。

 

まず一番目に挙げられるのがいわゆる申し込みブラックと呼ばれるものです。これは一度に複数のカードローンに申し込みを行っている方の場合で、この場合は審査にはまず通らないと思って間違いありません。いわゆるブラックと呼ばれる情報は信用情報機関において、半年間は必ず保管されますので、同時に二つ以上のカードローンに申し込むことは絶対避ける必要があります。同時に複数のカードローンに申し込んでしまうと、他社の返済に充てるためだけに申し込みを行っているのでは、などと不審に思われることがあるからです。

 

次は過去の借入れの返済をきちんと行わなかった、完済ができなかった、返済時にトラブルがあった、などの理由でブラック登録されてしまった場合です。いずれの理由にしても、一度ブラックとしての情報が信用情報機関に保管してしまうと、最低でも半年間は新規のカードローンの申し込みは控えたほうが無難です。

 

貸金業法の改定などにより、以前に比べるといわゆるブラックの方に申し込みに対する対応が厳しくなっている傾向が顕著です。ブラックとして信用情報機関に情報が保管されているかどうか、いまひとつ不確かな方は、申し込みを行う前に仮審査や審査の結果をシュミレートできる機能などを利用して、ご自分の属性について確認するようにしましょう。