カードローン申込み方法をわかりやすく紹介

カードローンやクレジットカードの申し込みから返済まですべての情報について、その一つ一つを保管管理し、必要があれば情報を提供しているのが信用情報機関と呼ばれる機関です。たとえば返済を度々延滞した、あるいは完済できなかった、などの情報はいわゆるブラックとして登録され、カードローンの申し込みを行っても審査に通らないという事態が発生してしまいます。このような事態に陥らないためには、どのようにしたらよいので...

カードローンを初めて利用するという方の多くが、申込の手順に不安を感じていらっしゃるのではないでしょうか?ここでは、そうしたカードローン初心者の方のため、カードローンの申込手順についてご説明しています。参考にしていただけましたら幸いです(ただし、ご紹介している流れは、あくまで一般的なものですから異なる場合もあります)。まず大抵の場合、申込は、インターネット・電話・郵送・店舗窓口・自動契約機などから好...

当たり前だと思われるかもしれませんが、カードローンの申し込みの時に何があってもしてはならないのが「嘘をつく」ということです。実際のところ、申込書に虚偽の記載をする人が多いのです。しかし、嘘をついても結局は明るみに出てしまいますし、嘘が判明すれば信用情報機関のブラックリスト入りした上に当然ながら申し込みも却下されてしまいます。ブラックリスト入りしてしまうと、他のカードローン会社に申し込みをしたところ...

カードローンは、申し込めば誰でも利用できるというものではありません。審査に合格した人のみが利用できるサービスです。なので審査に不合格すると、肩を落として、他社の審査にトライする人もいます。ですが、この行為は実際の所、将来その人にとってプラスになる行為とは言えないと思います。その理由について説明します。難しい名前ですが、信用情報機関という場所があり、カードローンの審査をすると、ここに審査暦が残ります...

申し込みが無事に済み、審査をパスすることができたカードローン。つぎは入会申込書や本人確認の書類の郵送と手続きは順調に進んでゆきます。ネットで手軽に申し込みができるようになった現在ですが、反面、やっぱり今はカードローンはやめようとキャンセルをする人も意外に多いのです。審査が問題なく通っても、よく考えて必要のないものを続けても…と申し込み後実際に借り入れずにキャンセルをする人は案外おおくいるものです。...

カードローンを利用するにあたってはまず申し込みが必要です。その申し込みの際に提出を求められる書類がいくつかありますので事前に用意しておくと良いでしょう。まず絶対に必要になるのが「本人確認書類」です。これにはカードローンに限らず「本人確認」として求めらる書類が該当します。例えば、免許証、健康保険証、パスポート、住基カードなどがあります。また、収入証明も必要となる場合があります。源泉徴収票、給与明細、...

自身の信用情報をチェックされたことはおありでしょうか。見てみるとカードローンの申し込みをした履歴が直近の過去6ヶ月分残っているのが確認できると思います。カードローンを申し込むと必ず信用情報機関に履歴が残るのですが、実はカードローン申し込みだけでなく、クレジットカードの申し込みから利用金額はどれくらいかなどといった情報も細かく残されています。例えばカカードローンに申し込み審査で落ちて融資を受けられな...