カードローンを申し込むと6ヶ月はその履歴が残る

自身の信用情報をチェックされたことはおありでしょうか。見てみるとカードローンの申し込みをした履歴が直近の過去6ヶ月分残っているのが確認できると思います。カードローンを申し込むと必ず信用情報機関に履歴が残るのですが、実はカードローン申し込みだけでなく、クレジットカードの申し込みから利用金額はどれくらいかなどといった情報も細かく残されています。例えばカカードローンに申し込み審査で落ちて融資を受けられなかったとしてもその申し込んだ、という行動が信用情報機関に履歴として残るのです。

 

短い期間、具体的には記録の残っている6ヶ月の間に申し込みの件数がたくさんあるということは、審査ではかなり不利に働きます。こんなに何回もカードローンに申し込んでいるのは、理由はどうあれよっぽどお金に困っているのだろうと判断され、警戒されるわけですね。6ヶ月の間の最初の方と最後の方で2度、というような頻度ならそれほど影響しないかもしれませんが、それこそ週に一回カードローンに申し込みを繰り返している履歴が照されたなら、それはどこまでも不利にしかならないでしょう。

 

急な出費が控えていてカードローンにすぐにでも頼りたいという状況になった時、新しいカードローンを発行しようと考える前にもし手持ちのカードローンがあるのなら、その会社に利用限度額の増額依頼をするという手があります。限度額は契約時に決められていますが、そのカードローンにおいて信用を積み重ねている実績をお持ちなら、限度額の増額に応じてもらえる可能性があります。ここでいう信用は借り入れ分を正しい期日に返済し続けることで得られるものです。詳細についてはオペレーターさんに確認してみるといいですよ。