カードローンを申し込む時に注意しておくべきこと

カードローンを利用するにあたってはまず申し込みが必要です。その申し込みの際に提出を求められる書類がいくつかありますので事前に用意しておくと良いでしょう。

 

まず絶対に必要になるのが「本人確認書類」です。これにはカードローンに限らず「本人確認」として求めらる書類が該当します。例えば、免許証、健康保険証、パスポート、住基カードなどがあります。また、収入証明も必要となる場合があります。源泉徴収票、給与明細、確定申告書などの写しがそれに該当します。これも事前に用意しておいた方が手続きがより早く進むでしょう。

 

カードローンを申し込む際に、どのカードローンにするかという選択も慎重にしなくてはなりません。一口にカードローンと言っても会社によって特徴が違ってきます。返済方法が多くの選択肢から選べたり、1ヶ月あるいは1週間無利息で借りられたり、利息や限度額も会社によって様々です。ですから、事前に各カードローン会社のサービスを比較検討して自分のライフスタイルや利用目的に合致したカードローンを選択する必要があります。

 

また、同時に複数のカードローン会社に申し込む行為も避けなければなりません。

 

カードローンを申し込むとその履歴が信用情報機関に残ることになります。カードローン会社では申込を受けると必ずこの信用情報機関に申込者の履歴に関して照会をするので、一度に複数の申し込みをしていたらすぐに判明してしまいます。

 

申し込みをする側からしてみれば借りられるかどうか分からないので不安だから複数申し込みしておいたほうがどれかは審査に通るだろう、という考えかもしれませんが、カードローン会社からすればかえってその行動に不信感を抱いてしまうことになります。そうなると審査に通るものも通らなくなってしまいますので、焦らずに1社ずつ申し込みをすることが肝要です。