カードローンの申し込みに「嘘」は禁物!!

当たり前だと思われるかもしれませんが、カードローンの申し込みの時に何があってもしてはならないのが「嘘をつく」ということです。実際のところ、申込書に虚偽の記載をする人が多いのです。しかし、嘘をついても結局は明るみに出てしまいますし、嘘が判明すれば信用情報機関のブラックリスト入りした上に当然ながら申し込みも却下されてしまいます。ブラックリスト入りしてしまうと、他のカードローン会社に申し込みをしたところで「嘘をついてまで借り入れしようとする危険な人物だ」と判断されてしまい、警戒されて審査を受けることすらできなくなるといった悪循環に陥るでしょう。嘘をつくことによって得るものな何もなくむしろ事態を悪くしてしまうのです。

 

カードローンの申し込みの際に嘘をつく理由としては、そうした方が審査に有利になるだろうと思って嘘をつくことがほとんどのようです。よくあるのが収入についてです。カードローンの審査においては返済能力、つまりは収入面が重視されます。そこで実際の年収よりも多めに申告すれば本来ならば通過できない審査を通過できるのではないだろうかとか、返済能力を実際よりも高く評価してくれて利用限度額が高めに設定してもらえるのではないだろうかなどと思って嘘をついてしまうのです。また、カードローンでの借入は年収の3分の1までと定められている総量規制の問題もあります。嘘の年収を申告すると年収の3分の1以上の借入をしてしまう可能性もありこれは法律違反にもつながりますのでくれぐれも嘘をつかないようにしましょう。

 

さらに、よく嘘をつかれるポイントがもう1つあります。これは現在の借入状況について嘘をつくというもの。

 

カードローンの申し込みの際には他社からの借入状況を件数や金額など詳しく記載する必要があります。借入件数や金額が多ければ多いほど審査が厳しいものになるのは当然ですが、ここで嘘をつけば少しでも審査が通りやすくなるのではないかと思って嘘をつく人が多いようです。しかし、これも信用情報機関に紹介すればすぐにばれてしまい、かえって審査に不利になるだけだということ肝に銘じておきましょう。