何社もカード会社に申し込むと審査に合格しない?!

カードローンは、申し込めば誰でも利用できるというものではありません。審査に合格した人のみが利用できるサービスです。なので審査に不合格すると、肩を落として、他社の審査にトライする人もいます。

 

ですが、この行為は実際の所、将来その人にとってプラスになる行為とは言えないと思います。

 

その理由について説明します。難しい名前ですが、信用情報機関という場所があり、カードローンの審査をすると、ここに審査暦が残ります。全てのカード会社は、ここの情報をすぐに知ることができます。なので、審査の際に、一度他社の審査に不合格している事が分かると、審査に通さない事が多いのです。何度も断られていることが分かれば、まともな利用者と思われなくなってしまい、どこのカード会社でも、借りることができなくなります。

 

信用情報機関に審査歴が残ることで、今後あなたが不利な状況になることがあります。これを予防する方法として、仮審査を受けるというものがあります。

 

仮審査は、審査の一歩手前の段階の審査で、カード会社にはこの仮審査が大抵用意されています。普通の審査と異なり、仮審査は信用情報機関に審査暦が残らないので、安全な方法だといえます。

 

はじめから、審査を受けることはせずに仮審査を受けるようにします。自宅のネットからでも仮審査は受けられます。ここで不合格なら審査に挑むべきではないでしょう。一方、合格なら審査の方も合格の可能性があります。

 

このように仮審査を受けることで、本審査への合格か不合格かの判断がしやすくなります。カードローンを始めて利用する方も、すでに利用している方も今後は、まず仮審査から受けることが、利用者にとって有利になると思います。